DIARY OF THE DEAD

アクセスカウンタ

zoom RSS 久々の救急搬送劇。診断結果は熱中症。

<<   作成日時 : 2017/07/18 15:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



画像

















7月17日(月)15:30頃


夕飯の買い出しから帰宅。

インターホンが鳴ったので出ると、たまに親父の所に来る職人のオッサンがいた。

この人、いつも人の話をロクに聞かずに自己完結するオッサンで

毎回イラつかされるから、あんま好かんオッサンなのよね。


で、いつになく固まった表情で


ダメだ親父、親父ダメだ!起こせない!

せがれ救急車呼べ!救急車呼べせがれ!



と、何やら取り乱している。

様子を見に行くと、自宅に隣接する事務所で親父が床に倒れていた。


あぁ、また一過性脳虚血発作(TIA小さい脳梗塞)か

それとも低血糖、脱水かな・・・?


意識障害を起こしていたものの

そんなに緊急性を要する状態じゃなかったんだけどね

オッサンが救急車を早く呼べと若干パニックになってるので

訪問診療やってもらってるクリニックの緊急専用の窓口に電話した後、119番。

救急車が来て、様子を見に外に出て来る近所のオバさん

そして、なおも騒いでるオッサン(苦笑)


頭のCTも撮って、それは問題なし。体温を測ったら39.1℃。

まぁ熱中症だろうという診断。

点滴2発やって、意識もはっきりしたので帰宅となった。

約2時間かかったかな。


訪問診療の先生、訪問介護の看護師さんとも

熱中症が心配だよね・・・(苦笑)と、話をしていた矢先の出来事。

また便失禁が続いたり

14日金曜日の夕方も、よく分からない事を言ってたから警戒はしてたけど

まぁ、相変わらず、身の程をわきまえずに飲んだ結果でしょう。


帰宅後、「とりあえず、お前は寝とけ」と、親父を寝室に寝かせて

俺は夕飯を食いに近所の丸亀製麺へ。


ここ5年間、親父の色々な「粗相」を見てきて

時には救急搬送(5回くらいしたかな?)

時には自宅で応急処置&様子見、トータル20〜30回かな?してきたもので

ある程度状況に慣れてしまったというか

職人のオッサンには悪いけど、床に倒れてる程度じゃ驚かなくなっちゃってね

正直、オッサンには引っ込んでて欲しかった(苦笑)

意識が完全にないとか、泡ふいてるとか、けいれんしてるだったら

話はまた別だけど。


まぁ皆さんも熱中症には気をつけましょう。

今年の7月は去年の7月より暑っついわ。


P.S.

なんやかんや、俺も先週、先々週、ちょっと熱中症っぽい時があったな

俺も注意しないと(苦笑)


U度の熱中症といっても、最悪、ポカリでも飲んで

涼しい所で安静にしてれば大丈夫だと思うけどね。
(意識なし、けいれん有り、泡ふき有り、白目とかは話は別だろうけど)

回復に時間はかかるかもしれないけど

病院行って点滴打てばそりゃ回復は早いだろうけどね。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
久々の救急搬送劇。診断結果は熱中症。 DIARY OF THE DEAD/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる