DIARY OF THE DEAD

アクセスカウンタ

zoom RSS フォービドゥン呪縛館

<<   作成日時 : 2017/06/07 10:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は半年ぶりの歯科定期健診でね

ただの検診だけだったのに

半年ぶりだったせいかなんか妙に緊張しちゃってね

身体に力が入りまくりで無駄に疲れた(苦笑)


で、帰宅してから「ドクターストレンジ」と一緒にレンタルした

よくある鉄板設定、安定の田舎引越しホラーなこの映画を見て

一息入れようとしたんだけど、ちょっとガッカリな映画でした(苦笑)


フォービドゥン呪縛館
(原題:The Disappointments Room)



家族が新天地で気持ちを新たに再スタート!と田舎に引っ越してくるのだが

その引っ越し先の家が「ワケあり物件」で・・・

と、お馴染みの設定なんだけどねぇ〜


これがまた、結局どっちなのよ?と、一番困るタイプの映画でした。


屋敷の中には図面にはなかった開かずの間があって

実はその部屋は「The Disappointments Room」と呼ばれ

過去に障害者の娘が、家の恥だと監禁されてた部屋で

最後はその部屋で父親に殺害されたという歴史がある。


一方、引っ越してきた家族の母親(ケイト・ベッキンセール)は

過去、過失で娘を死なせて以来、精神的に病み気味という伏線がある。


田舎引越しホラーで、純粋な幽霊屋敷ものかな?と思わせておいて

主人公が「精神的に病み気味」という伏線があることから

いやいや、実は!全ては病んでる主人公の幻覚によるもので

犯人は主人公でした!ジャーン!という

最後にドンデン返しモノかな?なんて思っていたら


結局、どっちつかずに終わるというね・・・(苦笑)


冒頭にも書いたが、本当こういうのが一番タチ悪い。

幽霊といえば幽霊だし、幻覚と言えば幻覚だし・・・

オカルトオチなのか、サイコオチなのか、だからどっちなんだよ!と(苦笑)

とにかく煮え切らない映画でした。


P.S.

途中で、越してきた家族の息子が屋敷の中で遊んでるんだけど

角を曲がった瞬間

屋敷の前の持ち主に殺害された娘が立っている場面があって

あ、「シャイニング」じゃん!と思いました(笑)


あと、ケイト・ベッキンセールは、やっぱ黒い恰好してないとダメ。

「アンダーワールド」とか「トータルリコール リメイク版」みたいにね(笑)


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ
にほんブログ村



フォービドゥン/呪縛館 [DVD]
アメイジングD.C.

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フォービドゥン/呪縛館 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

フォービドゥン/呪縛館 [ ケイト・ベッキンセール ]
楽天ブックス
ケイト・ベッキンセール メル・ライド ダンカン・ジョイナー D.J.カルーソフォービドゥン ジュバク

楽天市場 by フォービドゥン/呪縛館 [ ケイト・ベッキンセール ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フォービドゥン呪縛館 DIARY OF THE DEAD/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる